書斎のデザインアイデア

多くの人にとって、書斎は学習的、退屈なイメージがあります。
但し、以下のようなデザインアイデアで、お洒落、素敵、自分だけのカッコイイ空間へ変身できます。

新鮮で活気のあるイメージ。テーブルと椅子には白色が新鮮な色です。さらに、ダークブルーを加えますと、新鮮さにわずか典雅か荘重な味を齎します。

黒基調は頑なイメージがあります。緑の観葉植物を置くと、厳格感が中和されて、爽やかな感覚が増えました。

フレッシュでエレガントなアメリカンスタイルのテーブルと椅子。鉄製の鳥ケージ壁の壁画デザインが創造的です。机の上の植物はユニークでちょうどいいです。白いテーブルランプも可愛いです。

グレースペースと明るい黄色は非常にいいバランスです。グレーは深く静かです。黄色は活気のある色です。両者は自然に調和されています。

固定の空間以外に、バルコニーに読書専用のコーナーを作るのもいいです。白いソファ、黒いデスクライト。特にミントグリーンの枕は直ちに空間の新鮮感を高めます。

北欧

北欧風は非常に純粋で白基調です。そして、とても美しいソフト的な基礎要素があり、潜在的な暖かさを提供します。

仕事の後、このようなリビングで、壁の絵を楽しみながら、時間を掛けて好きな本を読みます。自然の香りに満ちた空間で、時間の経過がゆっくり流れていきます。

黒いデスクライトがシンプルで神秘感があります。薄い白色の世界で部屋のアクセントなります。

観葉植物は白黒の空間に新鮮感を加えました。

小柄サイズの椅子、シンプルなライン、自然且つスタイリッシュ!ユニークなスタイリングの鉄のシャンデリアと無垢材の原色、取れたバランスです。

間接照明
間接照明

布製のシェードと木製の基部の質感やフォルムの楽しさを味わうことができる北欧系スタンドライトです。http://www.juliainterior.co.jp/SHOP/LK003L.html 布と木の素材の持ち味を生かしたデザインになっています。ぬくもりや癒しのある空間に仕上げます。

オフィスエリアもファッション性があります。スペースは小さいですが、機能的です。スケッチの作品、壁時計などで、壁が瞬時に単調からカラフルとなります!

静かなホワイトベッドルーム。ポスターが寝室で最も鮮やかな色です。雰囲気も個性的となります。

子供の部屋のデザインは、”活発”が基調要素となります。例えば、大小のぬいぐるみ、夢のようなお城のベッド。子供の成長思考と夢に翼を。

夏に快適に過ごすクールな室内インテリア

天気が段々暑くなりました。居間から寝室まで変えたい品物が沢山あります。厚い掛け布団、ふわふわカーペットは早く片付けたいです。工夫次第、旬のインテリアアイテムで涼しい部屋に素早く変身されます。

まず植物です!クチナシ、ベゴニアの花、インパチェンス、トリミングしてテーブルに置きます。赤、黄色、ピンクなどの華やかな色で元気と活力を表します。

フラワーマーケットから購入してもいいし、オンライン花屋から直接注文してもいいです。毎週にさまざまな種類の新鮮な花があります。定期的に根を修理することで、長く開花させられます。

緑が好きなら、さらに葉の数を増やせればいいです。アイビー・バインのように窓に飾れば、空間全体が生き生きとアップされています。但し、定期の剪定に注意を払う必要があります。

夏の色はやはり森色に近い色です。木の色と白だけでなく、クリームパウダー、ミントグリーン、ティファニーブルーなども非常に夏的です。緑色の間接照明、例えば、ペンダントライトもお勧めです。

寝具の色を変えることが一番有効です。掛け布団カバーの色を変えれば、簡単に部屋の雰囲気を変えられます。

ディンクスも、三人家族も、木製ダイニングテーブルは優れた選択肢です。食事する際、暖かい感じがあるだけではなく、新鮮感があり、ヨーロッパスタイルのミニマリストにもなります。

藤のデザインは自然色に近いです。より快適、通気性、明確な風合いです。普通のタオルで洗浄することも非常に便利です。

格子デザインは数年ごとに、ほとんどのファッションウィーク誌に取り上げられます。より小さなグリッドの方がより繊細に見えます。
コットン素材の黒と白の格子シーツ、肌に優しく、通気性があります。シンプルなチェック柄が非常に古典的、エレガントな雰囲気です。

室内デザインと間接照明

お部屋の照明にこだわるということは、生活を豊かにしてくれるということに繋がります。空間だけでなく、物をどう見せるかといったことを間接照明を使って、室内をお洒落に演出することができます。それから、どのような光りを選ぶかも重要です。目的やイメージに合わせて、間接照明を上手に使いたいです。

こちらの広々としたベッドルームには、2つの照明を配置しています。モノトーンで統一された室内に輝くライトは、まるで小さな火のようです。明るい色が幻想的なイメージを広げてくれます。天井から垂らすことでスペースも取りません。

写真のように、ベッドサイドに配置する間接照明は、暖かみのあるオレンジ色の電球がおすすめです。シンプルだけど個性的なペンダントライトやスタンドライトがあるだけで、リラックス効果が高くなり癒されます。

バスルームには遊び心のあるペンダントライトを配置しています。バスタブの上には、木の実のように垂れさがるライトを複数使っています。照明の高さを不揃いにして、配線もあえてそのまま見せることで、野性味のある仕上がりになっています。癒しの空間にちょっとしたアクセントがついています。

バスルームの間接照明も、小さな電球型ライトをたくさん吊り下げるだけで、バスルームがリラクゼーションな空間に早変わりします。

それから、リビングの照明に、スポットライトを等間隔に設置すると、広い空間であってもライトの数をお好みで増やすことによって、お洒落に演出することができます。また、ペンダントライトと組み合わせるのも面白いですね。

皆で囲む食卓には、シンプルながらモダンなインテリア照明を設置しています。ライトを覆う三角形の直線が、現代的でシャープな印象を作ってくれます。一列に連なるライトが、食事や人々の表情をいきいきとしたものに見せてくれます。

キッチンや洗面所などは、手元が良く見えるように明るい白色系の照明器具がおすすめですが、ダイニングテーブルを囲む時の照明は、適度に食べ物が美味しく見えるオレンジ系の照明が適しています。用途に合わせて間接照明を選びましょう。

ひとつひとつが個性的なデザイン照明は、その個性が室内の雰囲気にマッチしたとき、あなたの空間を魅力あふれるものにしてくれるでしょう。

お部屋の照明にこだわるということは、生活を豊かにしてくれるということに繋がります。空間だけでなく、物をどう見せるかといったことを間接照明を使って、室内をお洒落に演出することができます。それから、どのような光りを選ぶかも重要です。目的やイメージに合わせて、間接照明を上手に使いたいですよね。